「屋根をかける人」門井慶喜著

公開日: 更新日:

 明治38年、アメリカ人のメレルは、キリスト教伝道者として来日。近江八幡の商業高校で英語教師として働くことになった彼は、立ち並ぶ建物を見てこの街が気に入る。到着早々、メレルを一人の男が訪ねてくる。同じ学校の英語教師の宮本だった。仏教徒の街で唯一のクリスチャンだった宮本は、メレルの着任を心待ちにしていたのだ。メレルの発案で、聖書を学ぶ会が始まる。人望が厚いメレルの元に大勢の生徒たちが集まるが、2年後、メレルは校長からクビを言い渡される。

 西洋建築の設計を手掛ける一方で、メンソレータムを普及させた建築家で実業家のウィリアム・メレル・ヴォーリズ。帰化して、戦後、天皇制維持のために奔走し、日米関係の礎=屋根を築いたその生涯を描く評伝小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る