• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「屋根をかける人」門井慶喜著

 明治38年、アメリカ人のメレルは、キリスト教伝道者として来日。近江八幡の商業高校で英語教師として働くことになった彼は、立ち並ぶ建物を見てこの街が気に入る。到着早々、メレルを一人の男が訪ねてくる。同じ学校の英語教師の宮本だった。仏教徒の街で唯一のクリスチャンだった宮本は、メレルの着任を心待ちにしていたのだ。メレルの発案で、聖書を学ぶ会が始まる。人望が厚いメレルの元に大勢の生徒たちが集まるが、2年後、メレルは校長からクビを言い渡される。

 西洋建築の設計を手掛ける一方で、メンソレータムを普及させた建築家で実業家のウィリアム・メレル・ヴォーリズ。帰化して、戦後、天皇制維持のために奔走し、日米関係の礎=屋根を築いたその生涯を描く評伝小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る