• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「名前のない女たち」中村淳彦著

 フリーのAV女優・つるのは、業界で「日本で一番ギャラが安い」として有名だ。後ろ盾がないため価格を叩かれるのが原因だが、問題は依頼内容に記載のない、ハードな撮影をさせられることだ。事実、つるのは撮影中にガスバーナーで体を焼かれ、全治2カ月の重傷を負う。

 地元の国立大学卒業後、新卒で入った会社が低収入のブラック企業で、効率のよいバイトを探しているうちにAVにたどり着いたという。地方出身で金銭感覚に乏しく、変態的な性行為も単なる肉体労働と思っているため、あの大けがも「今後は気を付けなきゃ」と、懲りずに現場に復帰した――。(「日本最安値の女」)

 その他、発狂母と心中未遂したエミリ、年収3万円の“超熟”AV女優・ミキら18人のAV女優の壮絶すぎる過去と現在をルポルタージュするシリーズ最新作。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る