「名前のない女たち」中村淳彦著

公開日: 更新日:

 フリーのAV女優・つるのは、業界で「日本で一番ギャラが安い」として有名だ。後ろ盾がないため価格を叩かれるのが原因だが、問題は依頼内容に記載のない、ハードな撮影をさせられることだ。事実、つるのは撮影中にガスバーナーで体を焼かれ、全治2カ月の重傷を負う。

 地元の国立大学卒業後、新卒で入った会社が低収入のブラック企業で、効率のよいバイトを探しているうちにAVにたどり着いたという。地方出身で金銭感覚に乏しく、変態的な性行為も単なる肉体労働と思っているため、あの大けがも「今後は気を付けなきゃ」と、懲りずに現場に復帰した――。(「日本最安値の女」)

 その他、発狂母と心中未遂したエミリ、年収3万円の“超熟”AV女優・ミキら18人のAV女優の壮絶すぎる過去と現在をルポルタージュするシリーズ最新作。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る