「電王」高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 富山湾を望む老舗旅館で、第76期名人、取海創と将棋ソフトとの対戦が行われていた。マシンを操作するのは東都大学情報工学科教授の相場俊之。2人は小学生時代からのライバルで20年ぶりの対局だった。叔父が買ってくれた詰め将棋の本を読んでいた俊之に、転校生の創が声をかけたのがきっかけで2人は親しくなった。創は6年生で史上最年少のプロ棋士になったが、三段リーグで敗れた俊之は将棋をやめた。それ以来、過去は封印したはずだったが、学生が将棋ソフトの開発を修士論文のテーマにしたいと相談したことが、俊之の心を揺さぶることに。

 いま話題の、人間対人工知能の戦いを通して棋士の内面を描く意欲作。(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る