「電王」高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 富山湾を望む老舗旅館で、第76期名人、取海創と将棋ソフトとの対戦が行われていた。マシンを操作するのは東都大学情報工学科教授の相場俊之。2人は小学生時代からのライバルで20年ぶりの対局だった。叔父が買ってくれた詰め将棋の本を読んでいた俊之に、転校生の創が声をかけたのがきっかけで2人は親しくなった。創は6年生で史上最年少のプロ棋士になったが、三段リーグで敗れた俊之は将棋をやめた。それ以来、過去は封印したはずだったが、学生が将棋ソフトの開発を修士論文のテーマにしたいと相談したことが、俊之の心を揺さぶることに。

 いま話題の、人間対人工知能の戦いを通して棋士の内面を描く意欲作。(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る