「木のみかた 街を歩こう、森へ行こう」三浦豊著

公開日: 更新日:

「森」と「林」の違いをご存じか。森の語源は「盛り」で自然にたくさんの木々が生い茂っている状態を指す。林は「生やす」からきていて、特定の機能を持たせるために、特定の木が生えるよう手を加えた空間が「林」で、林はあくまでも人が関わって生まれた場所。そして、そこが森なのか、林なのかを意識しながら歩いてみるといろんな面白いことが見えてくる、と「森の案内人」を自称する著者はいう。

 街中の車道の路肩や公園の刈り込みの中からでも生えてくるキリの木、神社の境内でよく見かけるクスノキ、ヒートアイランド現象で日本の市街地でも成長できるようになった赤芽槲など15種の木と森を紹介するガイドブック。(ミシマ社京都オフイス 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  2. 2

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  3. 3

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  4. 4

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  5. 5

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  6. 6

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  7. 7

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    キムタクが配る豪華“自腹プレ”にTBSスタッフがソワソワ

  10. 10

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る