• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「木のみかた 街を歩こう、森へ行こう」三浦豊著

「森」と「林」の違いをご存じか。森の語源は「盛り」で自然にたくさんの木々が生い茂っている状態を指す。林は「生やす」からきていて、特定の機能を持たせるために、特定の木が生えるよう手を加えた空間が「林」で、林はあくまでも人が関わって生まれた場所。そして、そこが森なのか、林なのかを意識しながら歩いてみるといろんな面白いことが見えてくる、と「森の案内人」を自称する著者はいう。

 街中の車道の路肩や公園の刈り込みの中からでも生えてくるキリの木、神社の境内でよく見かけるクスノキ、ヒートアイランド現象で日本の市街地でも成長できるようになった赤芽槲など15種の木と森を紹介するガイドブック。(ミシマ社京都オフイス 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る