「神様ドライブ」浜口倫太郎著

公開日:  更新日:

 就活を諦めて休学中の藤原みのるは、親友の立木の家で立木の父の会社の冴木紡と知り合った。紡は全国の神社をめぐる旅に行かないかとみのるを誘うが、みのるは断った。中学生のとき、神主だった父がさい銭泥棒に殺されて以来、みのるは神社に行けなくなった。紡に近所の神社に強引に連れて行かれたとき、みのるは心と体が固まって動けなくなる。だが、紡に背中を押されて神域に足を踏み入れると、父とともに過ごした神社での懐かしく温かい思い出が蘇った。みのるは紡とキャンピングカーで神社めぐりの旅に出かけ、途中で看護師のほのかも加わって、3人旅が続く。

 心に傷を負った3人が癒やされていくロードノベル。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る