• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「インターネット文化人類学」セブ山著

 ネットで怖いのが「炎上のリスク」。では、どんなときに炎上するのか。

 例えば犬の写真と「かわいい」だけではOKだが、「犬と遊ばない人の気持ちが理解できない」などとツイートすると「犬アレルギーの人の気持ちが分からないのか!」ということになる。つまり「調子に乗っているとき」で、さらにその人が「社会的地位がある」と、〈炎上させ師〉が登場する。炎上させることで自分たちの記事へのアクセスが伸びて広告収入で儲かるからだ。だが、炎上経験者によれば「実生活で実害は一切なかった」。「オモコロ」などの人気記事執筆者が、画面の「向こう側」の世界を文化人類学の視点で読み解く。(太田出版 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る