「貧困と地域」白波瀬達也著

公開日: 更新日:

 かつて「日雇い労働者」の町のひとつとして知られた大阪・あいりん地区(釜ケ崎)は、長引く不況や高齢化によって、失業及び生活保護受給が進み「福祉の町」へと変容している。劣悪な住環境や社会的孤立、孤独死など、同地区が直面する問題を分析しながら、「貧困の地域集中」とその対策を考察したコミュニティー論。

 町の歴史を振り返り、生活困窮者の受け皿として機能した結果、貧困が地域に集中してきた過程を詳述。一方でこうした状況を打破するため、さまざまな担い手が支援活動を続けてきた。2000年以降は、セーフティーネットの強化で応急的な支援から定住化・ホームレス化の予防など、支援も多様化している。同地区の現状から貧困が拡散する日本の課題を考える。(中央公論新社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る