「免疫革命 がんが消える日」日本経済新聞社編

公開日: 更新日:

「がん治療を変えた」といわれる免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」は、「がんにおけるペニシリン」ともいわれる。

 ペニシリンがそうであったように、その後さまざまな薬が開発され、多くの致死性の感染症が姿を消したようなことが、がん治療でも起きるのではないかと期待されている薬である。

 本書では、オプジーボは一体どんな人にどのくらい効果があるか、どんな副作用があるかについて明らかにする。薬価が急激に下がった理由も解説されている。

 今後、登場する同種の薬についても紹介されており、新しいがん治療に興味がある人は必読だ。(日本経済新聞出版社830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る