日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「免疫革命 がんが消える日」日本経済新聞社編

「がん治療を変えた」といわれる免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」は、「がんにおけるペニシリン」ともいわれる。

 ペニシリンがそうであったように、その後さまざまな薬が開発され、多くの致死性の感染症が姿を消したようなことが、がん治療でも起きるのではないかと期待されている薬である。

 本書では、オプジーボは一体どんな人にどのくらい効果があるか、どんな副作用があるかについて明らかにする。薬価が急激に下がった理由も解説されている。

 今後、登場する同種の薬についても紹介されており、新しいがん治療に興味がある人は必読だ。(日本経済新聞出版社830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事