「系外惑星と太陽系」井田茂氏

公開日:

 夜空の星をぼんやり見上げている場合ではない。今、天文学界が非常に熱いのだ。

 発端は1995年に遡る。太陽系外で初めて惑星(ホット・ジュピター)が突如発見された。それまでは、系外惑星は存在しないか、非常にまれで、天文学界では地球と太陽系を中心に議論されていたのだ。

「最初は多くの研究者が発見を疑いました。中心星のすぐそばを回る巨大な惑星なんて、あまりに非常識だったから。太陽系では、中心星から離れた場所に巨大惑星ができるはずという理論でした。ところが誰が観測しても同じものが見える。太陽系の研究が成熟期に入っていたのに、突然足元をひっくり返されたわけです。呆然自失ですよ。でも落胆するのではなく、爽快感と高揚感でした。むしろこれから楽しくなるぞ、と天文学界は熱いんです」

 以降、続々と系外惑星が発見された。さらに海を持ち、生命が生息する可能性のある系外惑星(ハビタブル惑星)探しが過熱。今年2月にもNASAが「発見した系外惑星のうち、いくつかに海が存在する可能性がある」と発表した。メディアでは「第2の地球」と表現することも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る