「江戸の長者番付 殿様から商人、歌舞伎役者に庶民まで」菅野俊輔著

公開日:

 江戸っ子たちの懐具合をのぞき見る、歴史読み物。

 まず各分野から選び出した高額所得者の代表10人をランキング。頂点に立つのは言わずもがなの将軍家だが、8代将軍吉宗の享保15(1730)年の年収は、約80万両。領地からの年貢に加え、長崎貿易の運上金や御用金からなり、現在のお金に換算すると1294億円にもなるという。ダントツかと思いきや、加賀百万石といわれる前田家も13代目当主の斉泰は、1134億円と負けていない。日本一の豪商・三井越後屋の三井八郎右衛門が18億円足らず、吉原の人気花魁は約1億3000万円と当時のセレブたちがずらり。

 その他、武士や職人、町人などの収支を明らかにしながら、その暮らしぶりを紹介する。(青春出版社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る