「江戸の長者番付 殿様から商人、歌舞伎役者に庶民まで」菅野俊輔著

公開日: 更新日:

 江戸っ子たちの懐具合をのぞき見る、歴史読み物。

 まず各分野から選び出した高額所得者の代表10人をランキング。頂点に立つのは言わずもがなの将軍家だが、8代将軍吉宗の享保15(1730)年の年収は、約80万両。領地からの年貢に加え、長崎貿易の運上金や御用金からなり、現在のお金に換算すると1294億円にもなるという。ダントツかと思いきや、加賀百万石といわれる前田家も13代目当主の斉泰は、1134億円と負けていない。日本一の豪商・三井越後屋の三井八郎右衛門が18億円足らず、吉原の人気花魁は約1億3000万円と当時のセレブたちがずらり。

 その他、武士や職人、町人などの収支を明らかにしながら、その暮らしぶりを紹介する。(青春出版社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

もっと見る