• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「江戸の長者番付 殿様から商人、歌舞伎役者に庶民まで」菅野俊輔著

 江戸っ子たちの懐具合をのぞき見る、歴史読み物。

 まず各分野から選び出した高額所得者の代表10人をランキング。頂点に立つのは言わずもがなの将軍家だが、8代将軍吉宗の享保15(1730)年の年収は、約80万両。領地からの年貢に加え、長崎貿易の運上金や御用金からなり、現在のお金に換算すると1294億円にもなるという。ダントツかと思いきや、加賀百万石といわれる前田家も13代目当主の斉泰は、1134億円と負けていない。日本一の豪商・三井越後屋の三井八郎右衛門が18億円足らず、吉原の人気花魁は約1億3000万円と当時のセレブたちがずらり。

 その他、武士や職人、町人などの収支を明らかにしながら、その暮らしぶりを紹介する。(青春出版社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る