「幸せな劣等感 アドラー心理学〈実践編〉」向後千春著

公開日: 更新日:

 話題のアドラー心理学を解説した生き方テキスト。

 100年前に誕生したアドラー心理学が現代人を引きつけるのは、「自分の人生を捉え直して、新しい人生をもう一度スタートさせてみよう」という勇気を与えてくれるからだという。

 例えば、劣等感。アドラーは理想の自分と比較して現在の「自分が未熟である感覚」を劣等感と名付けた。他人との比較ではなく、自身の問題なので自分を卑下する必要はなく、劣等感があるからこそ成長することができると説く。

 自分自身を受け入れる(自己受容)や、自分が生きてきた道を再発見すること(ライフスタイル)など、アドラー心理学の神髄を解説しながら、いますぐ実践できる意識改革のヒントを伝授。(小学館 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  6. 6

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  7. 7

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  8. 8

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  9. 9

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  10. 10

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る