「痛覚のふしぎ」伊藤誠二著

公開日:

 患者が医師に“真っ先に治して欲しい”と訴えるのが痛みだろう。その痛みはどのようなメカニズムで発生し、現在、どのような治療法があるのかをやさしく解説してくれる。著書は関西医科大学医科学講座教授。痛覚には、熱いものを触ったときに反射的に手をひっこめるという単純なパターンの「感覚的側面」と、不安、恐怖、過去の記憶などの影響を受ける「情緒・感情的な側面」の2つがある。鎮痛剤が効かない後者のケースでは認知行動療法が効果を上げることがあるという。痛みに苦しみ、悩む人にとって手に取ってみたい一冊だ。(講談社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る