「東大式筋トレ術」東京大学運動会ボディビル&ウェイトリフティング部著

公開日:

 年を重ねるにつれ、筋肉は衰えていく。その筋肉は体を動かし、姿勢を支え、熱をつくり、内臓を守り、そして筋肉を動かすことで得られる分泌物が他の器官や組織を動かすといわれている。それが衰えれば健康を維持することは難しい。ではどうやったら筋肉をつけることができるのか?

 筋トレは受験と同じで、「正しい努力が実を結ぶ世界」だそうだ。

 だからこそ、日本最高の頭脳を持ち、「関東学生ボディビル選手権大会」で最多となる団体優勝19回、「関東学生パワーリフティング選手権」で3連覇などの実績を誇る東大運動会ボディビル&ウェイトリフティング部の鍛え方が参考になるはずだ。賢く筋肉をつけたいという人向きの一冊。(星海社新書 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る