• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『減塩』が病気をつくる!」石原結實著

 健康のために減塩に日々努めている人も多いだろう。

「減塩は体にいい」はもはや常識化しているが、それを覆す研究報告が次々と発表されていると著者は指摘する。

 たとえば、20万人以上を対象に行われた米国の国民栄養調査では、食塩摂取量の一番多いグループの死亡率が最も低く、食塩摂取量が少なくなるほど死亡率が高いという結果だった。高血圧、脳卒中、心筋梗塞などの心血管障害による死亡率も、食塩摂取の少ないグループほど高かった。

 この結果は、世界的に権威のある英国の医学誌「ランセット」に発表されている。

 日本の結果でも、高血圧疾患による死亡確率(男性)はトップが大阪だが、この地は食塩摂取量の順位になると全都道府県中43位だ。

 著者は、とかく悪者にされがちな塩分の体への効能を説くと同時に、実際に摂取するならどのようにすればよいか、症状・病気別に具体的に紹介。すぐに実践できる内容になっている。(青春出版社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る