「生活習慣病の漢方内科クリニック」入江祥史著

公開日:

 漢方では具体的にどのように患者を問診・触診して診断を下し治療方法を決めていくのか。

 たとえば、男性50歳、企業の管理職で身長175センチ、体重78キロのがっちりとした体格の血圧患者の場合。まず会話をしながら患者の様子、外観、声の強さなどを問診で探り、脈診・舌診・腹診を行い、「肝鬱化火上炎」という診断を下した。そして、肝と心の熱を取り、便秘を解消するために三黄瀉心湯というエキス製剤を処方し、2週間後には大柴胡湯に切り替えた。

 こうした実際の治療事例をもとに、患者と医師との対話の流れもつぶさに紹介しながら、現代医学と併用して肥満、糖尿病、痛風、気管支ぜんそくなどの生活習慣病について漢方医学での治療法を詳しく解説。(創元社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る