「生活習慣病の漢方内科クリニック」入江祥史著

公開日:

 漢方では具体的にどのように患者を問診・触診して診断を下し治療方法を決めていくのか。

 たとえば、男性50歳、企業の管理職で身長175センチ、体重78キロのがっちりとした体格の血圧患者の場合。まず会話をしながら患者の様子、外観、声の強さなどを問診で探り、脈診・舌診・腹診を行い、「肝鬱化火上炎」という診断を下した。そして、肝と心の熱を取り、便秘を解消するために三黄瀉心湯というエキス製剤を処方し、2週間後には大柴胡湯に切り替えた。

 こうした実際の治療事例をもとに、患者と医師との対話の流れもつぶさに紹介しながら、現代医学と併用して肥満、糖尿病、痛風、気管支ぜんそくなどの生活習慣病について漢方医学での治療法を詳しく解説。(創元社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る