「鉄道少年」佐川光晴著

公開日: 更新日:

 5歳以前の記憶がなく、両親の顔も覚えていない「わたし」は、半年前に巡り巡って手元に届いた小さな段ボール箱を開けて、初めて自分が何者かを知った。箱の中には数本のカセットテープと「鉄童日記」と書かれたノートが入っていた。「わたし」は、その情報を頼りに幼いころの自分を知る人に会いに行く。最初に訪ねたのは、今は神田で出版社を営む百合子さんだった。当時、友人の仕事を手伝っていた百合子さんは、青函連絡船を使って函館と東京の間を行き来していた。幼かった「わたし」を見かけたのはその船の中だったという。

 国鉄民営化前、北海道を拠点に一人で電車旅をする男の子と、彼をめぐる人々をミステリアスに描く長編小説。(実業之日本社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る