• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鉄道少年」佐川光晴著

 5歳以前の記憶がなく、両親の顔も覚えていない「わたし」は、半年前に巡り巡って手元に届いた小さな段ボール箱を開けて、初めて自分が何者かを知った。箱の中には数本のカセットテープと「鉄童日記」と書かれたノートが入っていた。「わたし」は、その情報を頼りに幼いころの自分を知る人に会いに行く。最初に訪ねたのは、今は神田で出版社を営む百合子さんだった。当時、友人の仕事を手伝っていた百合子さんは、青函連絡船を使って函館と東京の間を行き来していた。幼かった「わたし」を見かけたのはその船の中だったという。

 国鉄民営化前、北海道を拠点に一人で電車旅をする男の子と、彼をめぐる人々をミステリアスに描く長編小説。(実業之日本社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る