「『意識高い系』の研究」古谷経衡著

公開日: 更新日:

「意識高い系」と呼ばれる若者たちの素顔を分析した現代若者論。

 彼らはよく「リア充」と混同されるが、実は似て非なる存在であると指摘。リア充とは、土地に土着した人間関係を構築し、その土地は親族から提供(同居や相続)された人や状態と定義。一方の意識高い系は大都市部の非定住民=よそ者で、それがゆえにゼロからの人間関係構築を余儀なくされる。よって彼らは、リア充に対し猛烈な憧れを抱き、豊富な人脈と洗練された都市的ライフスタイルを見せびらかし、ひけらかそうと躍起になるという。意識高い系誕生の背景にあるスクールカースト問題に踏み込む一方、愛国女子やノマドワーカーなど、意識高い系の人々の実態とその心理を解き明かす。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る