「東京いい道、しぶい道」泉麻人著

公開日:

 散歩の達人が東京の裏道や横道、旧道などを歩く街歩きエッセー。

 歩き始めは、都電荒川線の町屋二丁目の電停脇から延びる「いい感じの旧道」尾久本町通り。理髪店の軒先に並ぶオブジェに見とれていたら、店主に声をかけられ缶コーヒーをごちそうになり、その先の割烹に「阿部定事件」で知られる尾久の三業地時代の名残を感じるなど。尾久駅を過ぎて梶原電停まで約2・9キロを、興味の赴くままに沿道の店に立ち寄りながら散策。その他、鹿島大神のお供をしていた神鹿にちなんだ地名から付けられた新小岩から篠崎へと抜ける「鹿骨街道」や、温泉・銭湯が集中する名もなき大田区蒲田の通りで温泉行脚など。39のルートをのんびり案内。(中央公論新社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る