• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の『いい会社』」坂本光司&法政大学大学院 坂本光司研究室著

 日本をさまざまな角度から発掘する「シリーズ・ニッポン再発見」の第6弾。同シリーズは今まで、「マンホール」「銭湯」などディープなテーマを掘り下げてきたが、今回のテーマは「会社」。北海道から福岡までの、力のある企業20社をピックアップしている。

 たとえば、愛知県一宮市の「たんぽぽ介護センター」は、日本最大級のデイサービスセンター。一般的な施設が30~200坪であるのに対して、同センターの総床面積は1300坪。利用者数も1日平均約250人で年間延べ7万5000人にも達する。館内には温泉、カジノ、パソコン、囲碁、陶芸、プールなどの娯楽設備に加え、シード(種)と呼ばれるセンター内だけで使える通貨がある。

 この通貨は、好きなリハビリプログラムに参加して稼ぎ、コーヒー代などにして自由に使えるのだそうだ。嫌々通わされる場所ではなく、もはやテーマパークと化している。

 地域を支えるこうした企業の取り組みから、日本の未来が見えそうだ。(ミネルヴァ書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る