「日本の『いい会社』」坂本光司&法政大学大学院 坂本光司研究室著

公開日: 更新日:

 日本をさまざまな角度から発掘する「シリーズ・ニッポン再発見」の第6弾。同シリーズは今まで、「マンホール」「銭湯」などディープなテーマを掘り下げてきたが、今回のテーマは「会社」。北海道から福岡までの、力のある企業20社をピックアップしている。

 たとえば、愛知県一宮市の「たんぽぽ介護センター」は、日本最大級のデイサービスセンター。一般的な施設が30~200坪であるのに対して、同センターの総床面積は1300坪。利用者数も1日平均約250人で年間延べ7万5000人にも達する。館内には温泉、カジノ、パソコン、囲碁、陶芸、プールなどの娯楽設備に加え、シード(種)と呼ばれるセンター内だけで使える通貨がある。

 この通貨は、好きなリハビリプログラムに参加して稼ぎ、コーヒー代などにして自由に使えるのだそうだ。嫌々通わされる場所ではなく、もはやテーマパークと化している。

 地域を支えるこうした企業の取り組みから、日本の未来が見えそうだ。(ミネルヴァ書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る