「日本の『いい会社』」坂本光司&法政大学大学院 坂本光司研究室著

公開日:

 日本をさまざまな角度から発掘する「シリーズ・ニッポン再発見」の第6弾。同シリーズは今まで、「マンホール」「銭湯」などディープなテーマを掘り下げてきたが、今回のテーマは「会社」。北海道から福岡までの、力のある企業20社をピックアップしている。

 たとえば、愛知県一宮市の「たんぽぽ介護センター」は、日本最大級のデイサービスセンター。一般的な施設が30~200坪であるのに対して、同センターの総床面積は1300坪。利用者数も1日平均約250人で年間延べ7万5000人にも達する。館内には温泉、カジノ、パソコン、囲碁、陶芸、プールなどの娯楽設備に加え、シード(種)と呼ばれるセンター内だけで使える通貨がある。

 この通貨は、好きなリハビリプログラムに参加して稼ぎ、コーヒー代などにして自由に使えるのだそうだ。嫌々通わされる場所ではなく、もはやテーマパークと化している。

 地域を支えるこうした企業の取り組みから、日本の未来が見えそうだ。(ミネルヴァ書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る