「日本の『いい会社』」坂本光司&法政大学大学院 坂本光司研究室著

公開日: 更新日:

 日本をさまざまな角度から発掘する「シリーズ・ニッポン再発見」の第6弾。同シリーズは今まで、「マンホール」「銭湯」などディープなテーマを掘り下げてきたが、今回のテーマは「会社」。北海道から福岡までの、力のある企業20社をピックアップしている。

 たとえば、愛知県一宮市の「たんぽぽ介護センター」は、日本最大級のデイサービスセンター。一般的な施設が30~200坪であるのに対して、同センターの総床面積は1300坪。利用者数も1日平均約250人で年間延べ7万5000人にも達する。館内には温泉、カジノ、パソコン、囲碁、陶芸、プールなどの娯楽設備に加え、シード(種)と呼ばれるセンター内だけで使える通貨がある。

 この通貨は、好きなリハビリプログラムに参加して稼ぎ、コーヒー代などにして自由に使えるのだそうだ。嫌々通わされる場所ではなく、もはやテーマパークと化している。

 地域を支えるこうした企業の取り組みから、日本の未来が見えそうだ。(ミネルヴァ書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る