「話題のダイエットを格付けしたら…」岡田正彦著

公開日: 更新日:

 巷には、ありとあらゆるダイエットが出回っているが、果たしてどれほど効果があるのか、健康被害はないのか?

 そんな疑問を持った医学博士が、学術情報に基づいてダイエット方法を10点満点で格付けした。

 たとえば、今はやりの「炭水化物ダイエット」は、なんと3点。短期的に痩せるには効果が高いが、長く続けると植物性の食品に含まれる抗酸化物質が必然的に減り、総死亡が1・3倍も高くなる。よって健康面でもやらない方がマシ、と著者。

 一方、意外に高得点だったのが「バナナダイエット」で7点。バナナは栄養素は豊富で、大腸がんの予防に効果があることが分かっている。よって3食のうち1食をバナナにするのは痩せる方法としては許容範囲だという。

 他にも「ヨーグルトダイエット」「納豆ダイエット」はともに6点、「酵素ダイエット」「水飲みダイエット」はともに1点など。良い点、悪い点を丁寧に説明しながら、話題の24ダイエットをメッタギリ。(三五館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る