「話題のダイエットを格付けしたら…」岡田正彦著

公開日: 更新日:

 巷には、ありとあらゆるダイエットが出回っているが、果たしてどれほど効果があるのか、健康被害はないのか?

 そんな疑問を持った医学博士が、学術情報に基づいてダイエット方法を10点満点で格付けした。

 たとえば、今はやりの「炭水化物ダイエット」は、なんと3点。短期的に痩せるには効果が高いが、長く続けると植物性の食品に含まれる抗酸化物質が必然的に減り、総死亡が1・3倍も高くなる。よって健康面でもやらない方がマシ、と著者。

 一方、意外に高得点だったのが「バナナダイエット」で7点。バナナは栄養素は豊富で、大腸がんの予防に効果があることが分かっている。よって3食のうち1食をバナナにするのは痩せる方法としては許容範囲だという。

 他にも「ヨーグルトダイエット」「納豆ダイエット」はともに6点、「酵素ダイエット」「水飲みダイエット」はともに1点など。良い点、悪い点を丁寧に説明しながら、話題の24ダイエットをメッタギリ。(三五館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード