• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「話題のダイエットを格付けしたら…」岡田正彦著

 巷には、ありとあらゆるダイエットが出回っているが、果たしてどれほど効果があるのか、健康被害はないのか?

 そんな疑問を持った医学博士が、学術情報に基づいてダイエット方法を10点満点で格付けした。

 たとえば、今はやりの「炭水化物ダイエット」は、なんと3点。短期的に痩せるには効果が高いが、長く続けると植物性の食品に含まれる抗酸化物質が必然的に減り、総死亡が1・3倍も高くなる。よって健康面でもやらない方がマシ、と著者。

 一方、意外に高得点だったのが「バナナダイエット」で7点。バナナは栄養素は豊富で、大腸がんの予防に効果があることが分かっている。よって3食のうち1食をバナナにするのは痩せる方法としては許容範囲だという。

 他にも「ヨーグルトダイエット」「納豆ダイエット」はともに6点、「酵素ダイエット」「水飲みダイエット」はともに1点など。良い点、悪い点を丁寧に説明しながら、話題の24ダイエットをメッタギリ。(三五館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る