「話題のダイエットを格付けしたら…」岡田正彦著

公開日: 更新日:

 巷には、ありとあらゆるダイエットが出回っているが、果たしてどれほど効果があるのか、健康被害はないのか?

 そんな疑問を持った医学博士が、学術情報に基づいてダイエット方法を10点満点で格付けした。

 たとえば、今はやりの「炭水化物ダイエット」は、なんと3点。短期的に痩せるには効果が高いが、長く続けると植物性の食品に含まれる抗酸化物質が必然的に減り、総死亡が1・3倍も高くなる。よって健康面でもやらない方がマシ、と著者。

 一方、意外に高得点だったのが「バナナダイエット」で7点。バナナは栄養素は豊富で、大腸がんの予防に効果があることが分かっている。よって3食のうち1食をバナナにするのは痩せる方法としては許容範囲だという。

 他にも「ヨーグルトダイエット」「納豆ダイエット」はともに6点、「酵素ダイエット」「水飲みダイエット」はともに1点など。良い点、悪い点を丁寧に説明しながら、話題の24ダイエットをメッタギリ。(三五館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  3. 3

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る