「通勤電車のはなし」佐藤信之著

公開日:  更新日:

 かつては「痛勤」などと皮肉られた通勤電車の混雑率は、低下傾向にある。それでも満員電車ゼロを公約に掲げた小池都知事の誕生や、大阪の北大阪急行電鉄延伸の構想など、都民・府民の関心は高いようだ。しかし、満員電車ゼロを実現するために運賃が高騰したり、鉄道会社の経営が危うくなっては本末転倒である。では通勤電車はどこまで混雑を緩和すればよいのか。著者は、新聞を広げて楽に読める最大混雑率150%、平均130%が政策的な目標として妥当だと提示する。

 東京・大阪の鉄道ネットワーク形成の経緯や現状を紹介する一方、鉄道会社が重ねてきた混雑解消の取り組みを検証。混雑率200%を超える主要路線の問題点と対策まで解説したリポート。(中央公論新社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る