「通勤電車のはなし」佐藤信之著

公開日: 更新日:

 かつては「痛勤」などと皮肉られた通勤電車の混雑率は、低下傾向にある。それでも満員電車ゼロを公約に掲げた小池都知事の誕生や、大阪の北大阪急行電鉄延伸の構想など、都民・府民の関心は高いようだ。しかし、満員電車ゼロを実現するために運賃が高騰したり、鉄道会社の経営が危うくなっては本末転倒である。では通勤電車はどこまで混雑を緩和すればよいのか。著者は、新聞を広げて楽に読める最大混雑率150%、平均130%が政策的な目標として妥当だと提示する。

 東京・大阪の鉄道ネットワーク形成の経緯や現状を紹介する一方、鉄道会社が重ねてきた混雑解消の取り組みを検証。混雑率200%を超える主要路線の問題点と対策まで解説したリポート。(中央公論新社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る