「通勤電車のはなし」佐藤信之著

公開日:  更新日:

 かつては「痛勤」などと皮肉られた通勤電車の混雑率は、低下傾向にある。それでも満員電車ゼロを公約に掲げた小池都知事の誕生や、大阪の北大阪急行電鉄延伸の構想など、都民・府民の関心は高いようだ。しかし、満員電車ゼロを実現するために運賃が高騰したり、鉄道会社の経営が危うくなっては本末転倒である。では通勤電車はどこまで混雑を緩和すればよいのか。著者は、新聞を広げて楽に読める最大混雑率150%、平均130%が政策的な目標として妥当だと提示する。

 東京・大阪の鉄道ネットワーク形成の経緯や現状を紹介する一方、鉄道会社が重ねてきた混雑解消の取り組みを検証。混雑率200%を超える主要路線の問題点と対策まで解説したリポート。(中央公論新社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る