今も現役のエロ本自販機探して全国行脚

公開日:

「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」黒沢哲哉著

 ネット上に無修正画像が氾濫する時代、エロ本はもはや死語と化したが、ある世代の男性たちは、エロ本と聞くと一抹の郷愁を呼び起こされるに違いない。ミラーフィルムで隠され、昼間は見えなかった扇情的な表紙の雑誌が、夜になると蛍光灯の光に妖しく浮かび上がる、あのエロ本自販機にお世話になった方も多いのではなかろうか。

 町中ではすっかり見かけなくなったエロ本自販機だが、実は今でも全国各地の街道沿いで、現役で働いているという。

 本書は、今や風前のともしびとなったエロ本自販機を探し求めて全国をくまなく巡った著者による探訪記。

 エロ本自販機の歴史は、1970年代半ばの雑誌の自動販売機の登場とともに始まる。すぐに自販機専用に作られた「自販機本」と呼ばれるエロ本が登場し、瞬く間に全国に展開。

 しかし、アダルトビデオが登場すると急速にその役目を終え、自販機本というエロ文化はわずか10年で幕を閉じる。

 町中から姿を消した自販機は、長距離トラックのドライバーたちが立ち寄る街道沿いのオートスナックやコイン洗車場にその活躍の場を移し、ひっそりと営業。そこでエロ本だけでなく、ビデオやグッズを商品にした「エロ自販機」へと変化し、小屋状の家屋に収納されて今も密かに営業を続けている。

 著者は3年半をかけて、そうした街道沿いで余命を過ごしている全国の自販機(小屋)350地点を巡る。

 埋もれたエロ自販機探索の方法や、かつて全国展開していたという男性へのロングインタビューで知られざる自販機業界の裏話を聞くなど、内容も盛りだくさん。

 消えゆくエロ文化遺産を記録にとどめる記念碑的奇書だ。(双葉社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る