• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「平目のえんがわ」を英語では何と言う?

「英訳付き ニッポンの名前図鑑 和食・年中行事」淡交社編集局編

 蕎麦屋で食事後に蕎麦湯を楽しんでいたとしよう。突然、隣席の外国人観光客から蕎麦湯が入った器を「ソレハナンデスカ?」と尋ねられたら、あなたはスラスラと英語で答えられますか。そもそも、この器、日本語で何というのだったろうかと、頭をひねってしまう人も多いのでは。

 本書は、日本人として知っておきたい「和食」「食器」「年中行事」にまつわるモノ・コトの名前の図鑑。

 単語だけではなく、その由来やいわれなど、日本語の解説にもその英訳が添えられている。

 ちなみに蕎麦のゆで汁「蕎麦湯」が入った漆塗りの器「湯桶」は、「Sobayu Pot」。ついでに、添えられる「薬味」は「Condiment」という。

 和食の世界的なブームで、もはや「酒」や「寿司」は、「Sake」「Sushi」と世界共通語になっている感はあるが、「焼酎」や「平目のえんがわ」などふだん何も考えずに使っている言葉も、いざ英訳しようとしても頭に浮かばない(前者は「Distilled Spirits」、後者は「Fluke Fin of Olive Flounder」)。

「ぶり大根」や「筑前煮」などの総菜はもちろん、ダシの材料や山菜、季節ごとの和菓子、そして「片口」や「鮫皮おろし」などの食器や調理器具まで網羅。さらに正月の門松から、お盆の「迎え火」や「月見飾り」など、年中行事に欠かせない単語まで。

 どれもいざ英語で説明しようと思うと、なかなか難しい。でも、日本を訪ねてきた外国人観光客には、ぜひとも覚えて帰ってもらいたいことばかりだ。

 年々増加する外国からのお客さまを「おもてなし」するための強力な助っ人になってくれるお薦め本。(淡交社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る