超私的「京都本」特集

公開日: 更新日:

「台湾男子がこっそり教える! 秘密の京都スポットガイド」(エクスナレッジ 1600円+税)

 観光地として、国内外から絶大な人気を集める街・京都。ガイドブックは星の数以上にある。町並みや風景、有名店の場所もネット上でいとも簡単に検索できる。観光客の手あかにまみれてしまった京都を、まったく別の切り口で眺めてみることをお勧めしたい。名付けて「超・私的京都本」を4冊紹介しよう。

 ありきたりの著名人が書いた京都本に飽き飽きしている人に手に取ってほしいのが、「台湾男子がこっそり教える! 秘密の京都スポットガイド」(エクスナレッジ 1600円+税)である。

 著者は、Dato・奕凱・Azonaの台湾人3人組アーティストユニットだ。彼らは休日や旅をテーマに、さまざまな活動を展開している。この本は彼らが京都を旅した記録であり、記憶をつづったものだ。

 本の体裁はしゃれたテイストだが、写真は時折ピンボケ。食べ物ですらピンがきてない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る