「さなとりょう」谷治宇著

公開日: 更新日:

 桶町の千葉道場にひとりの女が現れた。道場の主の娘さなに、その女は坂本龍馬の妻、りょうと名乗った。かつて、龍馬の許嫁だったさなの心は波立つ。

 りょうは、龍馬を殺した犯人は佐々木多門が知っているという手紙に誘われて江戸にやってきたのだ。元見廻組の男が自分がやったと告白したが、土佐の谷干城は龍馬の事件はまだ終わっていないと言う。

 りょうが訪ねた多門はりょうの目の前で斬殺され、しかも、この事件は握りつぶされようとしていた。

 さなは「坂本さまの無念は、決してあなただけのものなんかじゃないっ!」と叫び、りょうを伴って勝海舟の家に向かう。

 龍馬を愛した女2人が龍馬暗殺の真相に迫る。(太田出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る