「さなとりょう」谷治宇著

公開日:

 桶町の千葉道場にひとりの女が現れた。道場の主の娘さなに、その女は坂本龍馬の妻、りょうと名乗った。かつて、龍馬の許嫁だったさなの心は波立つ。

 りょうは、龍馬を殺した犯人は佐々木多門が知っているという手紙に誘われて江戸にやってきたのだ。元見廻組の男が自分がやったと告白したが、土佐の谷干城は龍馬の事件はまだ終わっていないと言う。

 りょうが訪ねた多門はりょうの目の前で斬殺され、しかも、この事件は握りつぶされようとしていた。

 さなは「坂本さまの無念は、決してあなただけのものなんかじゃないっ!」と叫び、りょうを伴って勝海舟の家に向かう。

 龍馬を愛した女2人が龍馬暗殺の真相に迫る。(太田出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る