• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さなとりょう」谷治宇著

 桶町の千葉道場にひとりの女が現れた。道場の主の娘さなに、その女は坂本龍馬の妻、りょうと名乗った。かつて、龍馬の許嫁だったさなの心は波立つ。

 りょうは、龍馬を殺した犯人は佐々木多門が知っているという手紙に誘われて江戸にやってきたのだ。元見廻組の男が自分がやったと告白したが、土佐の谷干城は龍馬の事件はまだ終わっていないと言う。

 りょうが訪ねた多門はりょうの目の前で斬殺され、しかも、この事件は握りつぶされようとしていた。

 さなは「坂本さまの無念は、決してあなただけのものなんかじゃないっ!」と叫び、りょうを伴って勝海舟の家に向かう。

 龍馬を愛した女2人が龍馬暗殺の真相に迫る。(太田出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る