• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「遺伝子は、変えられる。」シャロン・モアレム著

 健康な人を基準に自分がどれだけ外れているかで不健康具合を考えている人も多いのではないか。しかし、それはどうやら間違いのようだ。

 この本によると、ヒトの遺伝子配列が解明されて分かったことは「平均的な人」などどこにもおらず、遺伝子は日々変化しているということ。どこでどのように暮らすか、どんなストレスにさらされているか、どんな食べ物を食べるかで調整されるという。

 つまりは、遺伝子はすべて発現しているわけではなく、やり方次第で発現され、あなたの人生や子孫に残すべき遺伝もすべて変えられるという。

 著者は科学者、内科医、ノンフィクション作家であり、バイオテクノロジーや人の健康に関する特許を世界中で25以上取得し、バイオテクノロジー企業2社の共同創業者。最新の遺伝子研究を解説してくれる。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る