「遺伝子は、変えられる。」シャロン・モアレム著

公開日:

 健康な人を基準に自分がどれだけ外れているかで不健康具合を考えている人も多いのではないか。しかし、それはどうやら間違いのようだ。

 この本によると、ヒトの遺伝子配列が解明されて分かったことは「平均的な人」などどこにもおらず、遺伝子は日々変化しているということ。どこでどのように暮らすか、どんなストレスにさらされているか、どんな食べ物を食べるかで調整されるという。

 つまりは、遺伝子はすべて発現しているわけではなく、やり方次第で発現され、あなたの人生や子孫に残すべき遺伝もすべて変えられるという。

 著者は科学者、内科医、ノンフィクション作家であり、バイオテクノロジーや人の健康に関する特許を世界中で25以上取得し、バイオテクノロジー企業2社の共同創業者。最新の遺伝子研究を解説してくれる。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る