日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブラック奨学金」今野晴貴著

 奨学金を借りた学生が返済に行き詰まり、保証人になった親族が返済を求められるケースが続発しているという。ほとんどが貸与型で、その過半数が有利子の奨学金は、実質的には借金なのだ。

 一方で奨学金を利用する学生は増え続け、現在、大学生・短大生の約4割が奨学金を利用し、1人当たりの合計借入額の平均は有利子で343万にもなるそうだ。

 奨学金を返せない若者が増えている背景には、雇用状況の悪化に加え、奨学金を貸し出す独立行政法人・日本学生支援機構の取り立て強化が原因として挙げられる。

 本書は、激増する奨学金裁判の実態を報告しながら、奨学金制度の危険性などを指摘、さらに返せなくなった場合の対処法まで紹介したリポート。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事