「ブラック奨学金」今野晴貴著

公開日:  更新日:

 奨学金を借りた学生が返済に行き詰まり、保証人になった親族が返済を求められるケースが続発しているという。ほとんどが貸与型で、その過半数が有利子の奨学金は、実質的には借金なのだ。

 一方で奨学金を利用する学生は増え続け、現在、大学生・短大生の約4割が奨学金を利用し、1人当たりの合計借入額の平均は有利子で343万にもなるそうだ。

 奨学金を返せない若者が増えている背景には、雇用状況の悪化に加え、奨学金を貸し出す独立行政法人・日本学生支援機構の取り立て強化が原因として挙げられる。

 本書は、激増する奨学金裁判の実態を報告しながら、奨学金制度の危険性などを指摘、さらに返せなくなった場合の対処法まで紹介したリポート。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る