• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「暗殺者、野風」武内涼著

 5歳のとき、無頼の男たちに母と従姉を殺され兄と逃げ延びた野風。暗殺をなりわいとする者たちが住む隠り水の里で最強の刺客に育てられた。ある日、その里に武田信玄に仕える山本勘助がやってきた。越後の長尾景虎の首を取ってほしいと言う。里のおさであるお婆さまは、この話が信玄公ではなく山本勘助から出た話であり、また義を重んじる長尾景虎を狙うことにちゅうちょする。だが、寄り合いの結果、承諾することになり、人々は武田と上杉の戦いに巻き込まれていく。その中で野風は、忘れられぬ男と再会する。かつて無頼の者たちが母と従姉を犯して殺すのをつまらなそうな顔をして見ていた男だ。美しき女刺客が活躍する時代小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る