「嵯峨野花譜」葉室麟著

公開日:  更新日:

 文政13年1月、京都の大覚寺で修行に励む少年僧・胤舜は年若くして活花の名手として評判が高く、大覚寺の花務職に任じられていた師の広甫から、「3日後に、法金剛院に参れ」と告げられた。大覚寺から1里余りのところにあるその古寺に、さる女人が参拝に訪れるから、その方のために花を生けよと言う。3日後に訪ねると、萩尾と名乗る女人は「昔を忘れる花を生けてほしい」との難題を投げかけるのだった。

 そして胤舜がすべてをのみ込み、その難問に応えた活花は、白磁の壺にくっきりと伸びた松の枝と重なり抱き合うような2輪の白椿だった。(「忘れ花」)

 ほかに、亡くなった弟のような花をと求められる「利休の椿」、闇の中で花を生けよという「闇の花」など、次々と出される難題に挑み続ける少年僧の成長物語10短編を収録する。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る