「嵯峨野花譜」葉室麟著

公開日: 更新日:

 文政13年1月、京都の大覚寺で修行に励む少年僧・胤舜は年若くして活花の名手として評判が高く、大覚寺の花務職に任じられていた師の広甫から、「3日後に、法金剛院に参れ」と告げられた。大覚寺から1里余りのところにあるその古寺に、さる女人が参拝に訪れるから、その方のために花を生けよと言う。3日後に訪ねると、萩尾と名乗る女人は「昔を忘れる花を生けてほしい」との難題を投げかけるのだった。

 そして胤舜がすべてをのみ込み、その難問に応えた活花は、白磁の壺にくっきりと伸びた松の枝と重なり抱き合うような2輪の白椿だった。(「忘れ花」)

 ほかに、亡くなった弟のような花をと求められる「利休の椿」、闇の中で花を生けよという「闇の花」など、次々と出される難題に挑み続ける少年僧の成長物語10短編を収録する。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る