ツッコミながら笑うMCU映画の最新作

公開日: 更新日:

 この春学期に教えにいった大学で「アメコミ映画について授業で発表したいです」と申し出た学生がいたのでOKしたら中身はMCUビジネスの話だった。「マーベル・シネマティック・ユニバース」の略。日本マンガの「作家主義」に対してアメコミは「キャラクター主義」で、著作権も絵描きではなく会社に帰属する。

 その仕組みを利用し、一本の映画に複数のキャラがどっさり登場して話を盛り上げる。日本の「戦隊ヒーローもの」に似ているが、本来それぞれ独立キャラだから「多国籍軍方式」というべきか。

 その最新作が来週末封切りの「スパイダーマン:ホームカミング」である。近年のアメコミ映画はスーパーマンのような陽性のヒーローまでがトラウマだらけの暗い顔なのが特徴だが、この映画はのほほんと平凡な顔つきの15歳が主役。筆者のような世代は「多国籍軍」型映画を見ると「単独ではパワーも収益も弱い二線級ヒーロー」を「枯れ木も山」式に集めたか? などとヒトの悪いことを考えてしまうが、実際にはなかなか巧みに観客を引きつける仕上がり。いやむしろ「ツッコミながら笑う」という今風の娯楽作品として、脱トラウマ時代への変わり目を象徴する存在になっているのではないかと思う。

 間々田孝夫著「第三の消費文化論」(ミネルヴァ書房 2800円+税)は現代の消費社会がバブル時代の“見せびらかす消費”を脱し、「自分らしさ」と「エコ」を志向しているとする社会学者の研究。この議論を援用してアメコミ人気を分析すると……などと考えたりもするのである。
 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る