• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツッコミながら笑うMCU映画の最新作

 この春学期に教えにいった大学で「アメコミ映画について授業で発表したいです」と申し出た学生がいたのでOKしたら中身はMCUビジネスの話だった。「マーベル・シネマティック・ユニバース」の略。日本マンガの「作家主義」に対してアメコミは「キャラクター主義」で、著作権も絵描きではなく会社に帰属する。

 その仕組みを利用し、一本の映画に複数のキャラがどっさり登場して話を盛り上げる。日本の「戦隊ヒーローもの」に似ているが、本来それぞれ独立キャラだから「多国籍軍方式」というべきか。

 その最新作が来週末封切りの「スパイダーマン:ホームカミング」である。近年のアメコミ映画はスーパーマンのような陽性のヒーローまでがトラウマだらけの暗い顔なのが特徴だが、この映画はのほほんと平凡な顔つきの15歳が主役。筆者のような世代は「多国籍軍」型映画を見ると「単独ではパワーも収益も弱い二線級ヒーロー」を「枯れ木も山」式に集めたか? などとヒトの悪いことを考えてしまうが、実際にはなかなか巧みに観客を引きつける仕上がり。いやむしろ「ツッコミながら笑う」という今風の娯楽作品として、脱トラウマ時代への変わり目を象徴する存在になっているのではないかと思う。

 間々田孝夫著「第三の消費文化論」(ミネルヴァ書房 2800円+税)は現代の消費社会がバブル時代の“見せびらかす消費”を脱し、「自分らしさ」と「エコ」を志向しているとする社会学者の研究。この議論を援用してアメコミ人気を分析すると……などと考えたりもするのである。
 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る