• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「職業は忍者」甚川浩志著

「忍者」といえば、戦国時代に戦国大名の傭兵として敵側の情報収集を仕事とした歴史上の存在だが、著者は現代にあっても「自分の職業は忍者」と言い放ち、忍術の視点からインテリジェンス情報のありかたや、子供教育における忍者の役割などを研究・啓発する活動を続けている。

 なかでも今、力を注いでいるのが「地方創生」の起爆剤としての忍者だ。東京「苔の里」プロジェクトや「忍者サミットin小田原」など、2020年のオリンピックにやって来る外国人を地方に呼び込む観光資源のひとつとして、「忍者」をキーワードにしたさまざまな取り組みを紹介。

 現在、かながわ西観光コンベンションビューローの専任忍者。忍者大学構想や世界忍者村構想についても熱く語っている。

(新評論 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る