「職業は忍者」甚川浩志著

公開日:  更新日:

「忍者」といえば、戦国時代に戦国大名の傭兵として敵側の情報収集を仕事とした歴史上の存在だが、著者は現代にあっても「自分の職業は忍者」と言い放ち、忍術の視点からインテリジェンス情報のありかたや、子供教育における忍者の役割などを研究・啓発する活動を続けている。

 なかでも今、力を注いでいるのが「地方創生」の起爆剤としての忍者だ。東京「苔の里」プロジェクトや「忍者サミットin小田原」など、2020年のオリンピックにやって来る外国人を地方に呼び込む観光資源のひとつとして、「忍者」をキーワードにしたさまざまな取り組みを紹介。

 現在、かながわ西観光コンベンションビューローの専任忍者。忍者大学構想や世界忍者村構想についても熱く語っている。

(新評論 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る