• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「インバウンドの罠」姫田小夏著

 安倍政権は「観光立国化」を進めているが、成果が上がっているとは限らない。古民家や工芸品の店が並んでいた高山市は、年間42万人の外国人客が訪れるようになり、どこの観光地にもあるような地元経営でない喫茶店や土産物屋が並ぶようになった。

 成功例もある。台湾出身の郭泰源選手の通訳を務めた薛森唐氏は、ホテルマン生活の後、富士山の裾野にある保養所を買った。客室は質素な造りだが、素晴らしい眺望と「贅沢三昧な食べ放題」のホテルにしてアジア客を集めている。その土地を愛する外国人と自治体の協力で「あるべきインバウンドの形」にたどり着いたのだ。

 爆買いなどに振り回されないインバウンドを解説。

(時事通信社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る