「インバウンドの罠」姫田小夏著

公開日:  更新日:

 安倍政権は「観光立国化」を進めているが、成果が上がっているとは限らない。古民家や工芸品の店が並んでいた高山市は、年間42万人の外国人客が訪れるようになり、どこの観光地にもあるような地元経営でない喫茶店や土産物屋が並ぶようになった。

 成功例もある。台湾出身の郭泰源選手の通訳を務めた薛森唐氏は、ホテルマン生活の後、富士山の裾野にある保養所を買った。客室は質素な造りだが、素晴らしい眺望と「贅沢三昧な食べ放題」のホテルにしてアジア客を集めている。その土地を愛する外国人と自治体の協力で「あるべきインバウンドの形」にたどり着いたのだ。

 爆買いなどに振り回されないインバウンドを解説。

(時事通信社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る