「タフガイ」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 1974年夏、探偵の浜崎順一郎は男にからまれていた少年、大悟を助けて葉山の別荘まで送った。大悟の父親は、なんと浜崎の少年院時代の悪友、安藤石雄だった。安藤は資産家の父、庄三郎の跡継ぎとして裕福な暮らしをしていた。

 翌日、浜崎の事務所を庄三郎が訪れ、石雄の腹違いの妹、智亜紀の素行調査を依頼するが、彼女が付き合っていた男のアパートを探りだした時、智亜紀はすでに殺されていた。彼女は「風鶏」という雅号の画家を捜していたらしい。その画家は大悟の友人の岩井淳子の実父ではないかと浜崎は推測するが、なぜ智亜紀は彼を捜していたのか。

 封印したはずの男と女の過去を暴くハードボイルド長編。

 (早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る