「タフガイ」藤田宜永著

公開日:

 1974年夏、探偵の浜崎順一郎は男にからまれていた少年、大悟を助けて葉山の別荘まで送った。大悟の父親は、なんと浜崎の少年院時代の悪友、安藤石雄だった。安藤は資産家の父、庄三郎の跡継ぎとして裕福な暮らしをしていた。

 翌日、浜崎の事務所を庄三郎が訪れ、石雄の腹違いの妹、智亜紀の素行調査を依頼するが、彼女が付き合っていた男のアパートを探りだした時、智亜紀はすでに殺されていた。彼女は「風鶏」という雅号の画家を捜していたらしい。その画家は大悟の友人の岩井淳子の実父ではないかと浜崎は推測するが、なぜ智亜紀は彼を捜していたのか。

 封印したはずの男と女の過去を暴くハードボイルド長編。

 (早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る