「タフガイ」藤田宜永著

公開日:

 1974年夏、探偵の浜崎順一郎は男にからまれていた少年、大悟を助けて葉山の別荘まで送った。大悟の父親は、なんと浜崎の少年院時代の悪友、安藤石雄だった。安藤は資産家の父、庄三郎の跡継ぎとして裕福な暮らしをしていた。

 翌日、浜崎の事務所を庄三郎が訪れ、石雄の腹違いの妹、智亜紀の素行調査を依頼するが、彼女が付き合っていた男のアパートを探りだした時、智亜紀はすでに殺されていた。彼女は「風鶏」という雅号の画家を捜していたらしい。その画家は大悟の友人の岩井淳子の実父ではないかと浜崎は推測するが、なぜ智亜紀は彼を捜していたのか。

 封印したはずの男と女の過去を暴くハードボイルド長編。

 (早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る