「歯切れよく生きる人」外山滋比古著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「思考の整理学」の著者による健康エッセー。

 93歳になる氏だが、血液検査の結果はオールA。その秘訣とは、足の散歩だけではなく、「手にも口にも、耳目、頭にも歩かせる」=「五体の散歩」にあるという。若き日、原稿に詰まり散歩に出ると、頭の働きが良くなり、気分も明るくなることを発見。以来、散歩は生活の一部。

 一方、手の散歩とは著者にとっては原稿を書くこと。骨折した妻に代わって担当した家事も、手の散歩になると実感したという。思いがけない発見をもたらしてくれる雑談による口の散歩、スポーツ観戦や絵画鑑賞などの目の散歩、そして風の音や鳥の鳴き声に耳を澄ませる耳の散歩まで。自らが実践する五体の散歩の効能を説く。

 (祥伝社 570円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る