「永い眠り」スティーブン・P・キールナン著、川野太郎訳

公開日:  更新日:

 生物学者のケイト・フィーロらを乗せた調査船は、北極海を航海中、これまでにない巨大な〈候補氷山〉に遭遇した。候補氷山とは、極めて急速に冷却することで、周囲の生物が生存していたときの条件すべてが保存されたまま取り込まれた特殊な氷山だ。

 研究チームは、そこから採取したオキアミなどの蘇生に成功していたが、その巨大氷山には人間が氷詰めされていたのだ。ケイトらは早速、蘇生に着手し、くだんの人物が100年前に遭難した38歳のライス判事だとわかる。倫理的な観点から神をも畏れぬ仕業だと非難が湧き起こる一方で、新規ビジネスの大チャンスと捉える研究所の所長、独占スクープをものにしようと野心を燃やすジャーナリストなど、さまざまな思惑が交錯していく。そうした中、ケイトはライスを一人の男性として見るようになる……。

 いきなり100年後の世界に投げ込まれ、マスコミの好奇の目にさらされるライスの戸惑い、そんな彼に思いを寄せるケイト。風変わりな仕立てのサイエンスロマン。

(西村書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る