「永い眠り」スティーブン・P・キールナン著、川野太郎訳

公開日:  更新日:

 生物学者のケイト・フィーロらを乗せた調査船は、北極海を航海中、これまでにない巨大な〈候補氷山〉に遭遇した。候補氷山とは、極めて急速に冷却することで、周囲の生物が生存していたときの条件すべてが保存されたまま取り込まれた特殊な氷山だ。

 研究チームは、そこから採取したオキアミなどの蘇生に成功していたが、その巨大氷山には人間が氷詰めされていたのだ。ケイトらは早速、蘇生に着手し、くだんの人物が100年前に遭難した38歳のライス判事だとわかる。倫理的な観点から神をも畏れぬ仕業だと非難が湧き起こる一方で、新規ビジネスの大チャンスと捉える研究所の所長、独占スクープをものにしようと野心を燃やすジャーナリストなど、さまざまな思惑が交錯していく。そうした中、ケイトはライスを一人の男性として見るようになる……。

 いきなり100年後の世界に投げ込まれ、マスコミの好奇の目にさらされるライスの戸惑い、そんな彼に思いを寄せるケイト。風変わりな仕立てのサイエンスロマン。

(西村書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る