• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「永い眠り」スティーブン・P・キールナン著、川野太郎訳

 生物学者のケイト・フィーロらを乗せた調査船は、北極海を航海中、これまでにない巨大な〈候補氷山〉に遭遇した。候補氷山とは、極めて急速に冷却することで、周囲の生物が生存していたときの条件すべてが保存されたまま取り込まれた特殊な氷山だ。

 研究チームは、そこから採取したオキアミなどの蘇生に成功していたが、その巨大氷山には人間が氷詰めされていたのだ。ケイトらは早速、蘇生に着手し、くだんの人物が100年前に遭難した38歳のライス判事だとわかる。倫理的な観点から神をも畏れぬ仕業だと非難が湧き起こる一方で、新規ビジネスの大チャンスと捉える研究所の所長、独占スクープをものにしようと野心を燃やすジャーナリストなど、さまざまな思惑が交錯していく。そうした中、ケイトはライスを一人の男性として見るようになる……。

 いきなり100年後の世界に投げ込まれ、マスコミの好奇の目にさらされるライスの戸惑い、そんな彼に思いを寄せるケイト。風変わりな仕立てのサイエンスロマン。

(西村書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る