公開日:  更新日:

 主人公は、カレー専門店「イカリ屋」の創業者篠原悟。全国に900を超える店舗を構えるカレーショップチェーンとして成長してきたイカリ屋は、直営店と脱サラ組が始めたフランチャイズ店とが協力し合い、日本一のカレーショップチェーンとなっていた。

 しかし、人口減で内需が減ることが決定的なため、先細りであることも見えていた。

 そこで篠原はアメリカに進出するために、外部から経営者を引き入れ、自分は引退することを決意する。

 白羽の矢を立てたのは、コンビニやハンバーガーチェーン店を立て直した経験を持つ相葉譲。

 篠原は相葉に、日本の農業を活性化させたいという思いを語り、日本の食材を使ってほしいという望みを託したのだが……。

 30万部を超えるベストセラー「Cの福音」でデビューし、朝倉恭介シリーズや経済小説、社会派小説でも人気の作家の最新作。

 人口減を迎える日本で、経営者や働く人たちが直面する課題を赤裸々に描いている。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る