• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

 主人公は、カレー専門店「イカリ屋」の創業者篠原悟。全国に900を超える店舗を構えるカレーショップチェーンとして成長してきたイカリ屋は、直営店と脱サラ組が始めたフランチャイズ店とが協力し合い、日本一のカレーショップチェーンとなっていた。

 しかし、人口減で内需が減ることが決定的なため、先細りであることも見えていた。

 そこで篠原はアメリカに進出するために、外部から経営者を引き入れ、自分は引退することを決意する。

 白羽の矢を立てたのは、コンビニやハンバーガーチェーン店を立て直した経験を持つ相葉譲。

 篠原は相葉に、日本の農業を活性化させたいという思いを語り、日本の食材を使ってほしいという望みを託したのだが……。

 30万部を超えるベストセラー「Cの福音」でデビューし、朝倉恭介シリーズや経済小説、社会派小説でも人気の作家の最新作。

 人口減を迎える日本で、経営者や働く人たちが直面する課題を赤裸々に描いている。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る