理想の墓地はどこだ?

公開日:  更新日:

「世界の庭園墓地図鑑」菅野博貢著・写真

 多死社会を迎えた日本では、墓地問題が深刻度を増している。行き場のなくなった遺骨を小包で受け取り、海に散骨する代行ビジネスまであるという。本書は、ランドスケープ・デザインの視点から、世界各地の庭園型墓地を紹介しながら、日本の今後の墓地のあり方を考えるグラフィック本。

 日本ではそもそも、これまで墓地を公園や庭園と同等に位置付けるという発想が弱かった。一方のヨーロッパ諸国では、墓地を循環的、永続的に利用する取り組みが続けられている。特にドイツとオランダでは、思想面でも実践面でも参考にしたい事例が多く、イタリアはその美しい空間に圧倒されるという。

 そうしたひとつが、オランダ・アムステルダムの「新東墓地」だ。広大な敷地の中に、戦死者の墓地をはじめ、子供の墓域、自然葬のための散骨場、壁式墓地、水中に骨つぼを収納する水葬墓地、そしてイスラム教徒専用の土葬エリアなど、個人の価値観や死生観の多様性に対応して多彩な墓所が用意されている。一方で循環的永続使用を理想的に実現しつつあるこの墓地を、著者は「日本が最も手本とすべき墓地」だという。

 そのほか、世界一広い公園墓地であり、ヨーロッパ一美しいともいわれるドイツ・ハンブルクの「オールスドルフ墓地」や、世界最初の公園墓地でその後の墓地空間の手本となったフランス・パリの「ペール・ラシェーズ墓地」、埋葬者約500万人というスペイン・マドリードの「アルムデナ墓地」などヨーロッパ各国の墓地をはじめ、日本を含めたアジア、北・南米まで、120余カ所もの墓地を、写真や墓地の平面図とともに紹介する決定版。

 500点もの写真で天国のような墓地を回遊しながら、ふと自分の死後を想像する。

(原書房 8000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る