• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「荒野に立てば」北方謙三著

 著者は16年かけた長編を、一度も締め切りに遅れることなく書き終えた。脱稿したら放浪のための放浪をしてみたいと思っていた。はっきりした目的があれば放浪ではなくなるからだが、あてもなく出かける気力はない。以前は世界地図にダーツの矢を投げて、矢が立った所に行くという旅もしたが、今やったら、気に入る所に矢が立つまでやり続ける気がする。そういうバカげたことを面白いと感じることがなくなり、億劫さに襲われることがある。その〈億劫さ〉を著者は心に生えるカビのように感じ、それをどこかではねのけるべきだと思う。(「知らない土地に迷いこむまで歩こう」)

 読者の心を奮い立たせてくれる、熱いエッセー集。

(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る