「神の時空 前紀―女神の功罪―」高田崇史著

公開日: 更新日:

 國學院大學文学部の潮田教授の研究室付の講師・広岡が殺された。出勤途中の神社の境内で死んでいた広岡の喉には、凶暴な獣に食い破られたような痕跡があった。

 古代史を専門とする潮田は、学界の異端児で、さまざまなクレームが研究室に届いていた。その中に、「神功皇后には手を出すな。研究室が災厄に見舞われる」と書かれていた手紙があったことを思い出した研究室の助手・遼子は、学生の範夫と神功皇后の文献をあさり、改めて調べ始める。大学の図書館で調べものに没頭する2人に笛子と名乗る女子高生が話しかけてくる。その夜、遼子の助手仲間・由紀子が広岡と同じ惨殺体で見つかる。

 古代史をテーマにした歴史ミステリー「神の時空」シリーズ最新刊。

(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る