「アルカイダから古文書を守った図書館員」ジョシュア・ハマー著、梶山あゆみ訳

公開日: 更新日:

 西アフリカのマリ共和国トンブクトゥはイスラム文化が栄えた地で、貴重な古文書を持つ家庭が多かった。だが、かつてアフリカを支配したフランス人がそれらを盗んで本国に持ち帰ったことから、住民は古文書を隠すようになった。

 アフマド・ババ研究所の調査官ハイダラは古文書を保存するために住民を説得し、古文書を買い取って図書館に集めていた。しかし、コーラン以外の古文書を認めないアルカイダ系勢力がトンブクトゥに迫る。

 ハイダラは古文書保存の専門家などの自宅に古文書を隠すことを決意し、イスラム警察の目を盗んで金庫を買い集め始める。

 37万点もの古文書を救出した図書館員の行動を描くノンフィクション。

(紀伊國屋書店 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る