北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「空からのぞいた桃太郎」影山徹著

公開日: 更新日:

 絵本である。かなり異色の絵本である。あの有名な桃太郎のお話を変えてしまったわけではない。話はそのままだ。しかし、絵が異色。書名にあるように、すべて俯瞰で(つまり上からの視点で)描いているのだ。空からのぞいた桃太郎、とはそういう意味である。

 これがどういう効果を生むか。おじいさんとおばあさんの住む家が小奇麗であること、畑が広く、しかもきちんと手入れされていること――つまり、かなり広い土地を所有していて、働き者であることが伝わってくる。アップでは分からないことも、ロングで上から描くことで、そういうことが明らかになる。彼らが何も言わずに桃太郎を育てたことには、そういう経済的余裕があったことが推察されるのである。そういう「発見」が随所にあって楽しい。

 本に挟まれている8ページの小冊子を読むと、桃太郎にはおかしな点があることを昔から多くの人に指摘されてきたという。たとえば、桃太郎は宝物を持ち帰るが、その宝物はその後どうしたか。「元の持ち主に返した」と説明するバージョンもあるようだが、「自分たちのものにした」というバージョンも数多くあるようで、福沢諭吉は「桃太郎は盗人だ」と批判したという。

 この絵本は、絵が奇麗で、色づかいも大胆で、さらに構図が新鮮なので、子供が読んでも面白いだろうが、このように大人が読むとこれまで知っていた話がまったく新しい話として蘇ってくる。

 (岩崎書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る