「さよなら、田中さん」鈴木るりか著

公開日: 更新日:

 文学界に彗星のように現れたスーパー中学生の小説デビュー作。小学館主催の「12歳の文学賞」で3年連続大賞を受賞。受賞作に書き下ろし作品を加えて、連作短編集が編まれた。

 小学6年生の主人公の名は田中花実。「花も実もある人生を」との願いを込めて名づけられた。父を知らず、貧しい母子家庭だが、明るくて、真っすぐで、優しい。毎日肉体労働に精を出す大食らいのお母さんと2人、たくましく生きている。激安店で半額セールを狙ったり、銀杏を拾い集めて食料の足しにしたり。

 笑いの絶えない日常に、ふと影が差すこともある。もしかして、お父さんは犯罪者? うちにはどうして親戚が一人もいないの? 友達にDランドに誘われたけど、お金がない、どうしよう……。それでも、花実ちゃんは格差社会の現実に負けない。

 表題作の「さよなら、田中さん」は、花実ちゃんの同級生、三上君が主人公。のぞきの疑いをかけられ、「エロで泣き虫」といじめられているが、「田中さん」だけは味方してくれる。裕福だが孤独な三上君の視点から、田中さん親子が描かれる。笑わせて、ちょっと泣かせる。

 作者の成長につれて、花実ちゃんはどんな女性になっていくのだろう。楽しみだ。

(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード