「さよなら、田中さん」鈴木るりか著

公開日:  更新日:

 文学界に彗星のように現れたスーパー中学生の小説デビュー作。小学館主催の「12歳の文学賞」で3年連続大賞を受賞。受賞作に書き下ろし作品を加えて、連作短編集が編まれた。

 小学6年生の主人公の名は田中花実。「花も実もある人生を」との願いを込めて名づけられた。父を知らず、貧しい母子家庭だが、明るくて、真っすぐで、優しい。毎日肉体労働に精を出す大食らいのお母さんと2人、たくましく生きている。激安店で半額セールを狙ったり、銀杏を拾い集めて食料の足しにしたり。

 笑いの絶えない日常に、ふと影が差すこともある。もしかして、お父さんは犯罪者? うちにはどうして親戚が一人もいないの? 友達にDランドに誘われたけど、お金がない、どうしよう……。それでも、花実ちゃんは格差社会の現実に負けない。

 表題作の「さよなら、田中さん」は、花実ちゃんの同級生、三上君が主人公。のぞきの疑いをかけられ、「エロで泣き虫」といじめられているが、「田中さん」だけは味方してくれる。裕福だが孤独な三上君の視点から、田中さん親子が描かれる。笑わせて、ちょっと泣かせる。

 作者の成長につれて、花実ちゃんはどんな女性になっていくのだろう。楽しみだ。

(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る