「忘れる女、忘れられる女」酒井順子著

公開日: 更新日:

 週刊誌の連載人気エッセーの書籍化。

 ある日、バスの中でおばあさんがおばあさんに席を譲る場面に遭遇。そこに日本の近未来の姿をみたような気がしたという著者は、寿命が延びたといってもそれは若い時間が延びるわけでなく、おじいさんなりおばあさんなりでいる時間が長期化するということだと悟る。未来の日本は、年寄りで満員のバスのようなもので、高齢者だからとシルバーシートに座っていられるわけではないと、やがて自分も仲間入りする生々しい老老社会について夢想する。

 そのほか、自分と同じ「子ナシ独身」女性知事誕生への思いや、スキャンダルが発覚して謝罪する人たちの髪形など。身近な日常の断片や世の中の話題を俎上に時代を切り取る。

(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード