• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「正しさをゴリ押しする人」榎本博明著

 不倫が発覚したタレントや震災時に花見をしていた人へのバッシング、消防士などが制服で食事したりする姿を街中で見かけ規則順守を持ち出し通報する人など。正しいことを主張しているようでありながら、攻撃性を感じさせる「歪んだ正義感」を振りかざしてしまう人たちの特徴と心理を解き明かした心理学本。

「正しさ」をゴリ押しする人の心理学的な特徴の最たるものは、認知的複雑性の乏しさだという。認知的複雑性とは、物事を多面的に見ることができるかどうかということ。低い人は自分と違う考え方を容認することができないゆえに、自分の「正しさ」を強引に主張し、意見の異なる人を非難、攻撃したりするのだとか。その行動の背後にある彼らの心理に迫る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る