「正しさをゴリ押しする人」榎本博明著

公開日:  更新日:

 不倫が発覚したタレントや震災時に花見をしていた人へのバッシング、消防士などが制服で食事したりする姿を街中で見かけ規則順守を持ち出し通報する人など。正しいことを主張しているようでありながら、攻撃性を感じさせる「歪んだ正義感」を振りかざしてしまう人たちの特徴と心理を解き明かした心理学本。

「正しさ」をゴリ押しする人の心理学的な特徴の最たるものは、認知的複雑性の乏しさだという。認知的複雑性とは、物事を多面的に見ることができるかどうかということ。低い人は自分と違う考え方を容認することができないゆえに、自分の「正しさ」を強引に主張し、意見の異なる人を非難、攻撃したりするのだとか。その行動の背後にある彼らの心理に迫る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る