• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「正しさをゴリ押しする人」榎本博明著

投稿日:  更新日:

 不倫が発覚したタレントや震災時に花見をしていた人へのバッシング、消防士などが制服で食事したりする姿を街中で見かけ規則順守を持ち出し通報する人など。正しいことを主張しているようでありながら、攻撃性を感じさせる「歪んだ正義感」を振りかざしてしまう人たちの特徴と心理を解き明かした心理学本。

「正しさ」をゴリ押しする人の心理学的な特徴の最たるものは、認知的複雑性の乏しさだという。認知的複雑性とは、物事を多面的に見ることができるかどうかということ。低い人は自分と違う考え方を容認することができないゆえに、自分の「正しさ」を強引に主張し、意見の異なる人を非難、攻撃したりするのだとか。その行動の背後にある彼らの心理に迫る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る