「正しさをゴリ押しする人」榎本博明著

公開日:  更新日:

 不倫が発覚したタレントや震災時に花見をしていた人へのバッシング、消防士などが制服で食事したりする姿を街中で見かけ規則順守を持ち出し通報する人など。正しいことを主張しているようでありながら、攻撃性を感じさせる「歪んだ正義感」を振りかざしてしまう人たちの特徴と心理を解き明かした心理学本。

「正しさ」をゴリ押しする人の心理学的な特徴の最たるものは、認知的複雑性の乏しさだという。認知的複雑性とは、物事を多面的に見ることができるかどうかということ。低い人は自分と違う考え方を容認することができないゆえに、自分の「正しさ」を強引に主張し、意見の異なる人を非難、攻撃したりするのだとか。その行動の背後にある彼らの心理に迫る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る