• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「異形のものたち」小池真理子著

 神田にある小さな広告代理店に勤める私は久しぶりに、親友だった美咲と彼女のお父さんと3人でよく訪れた森の奥にある山荘に出かけた。

 2人が死んでもう15年になる。花見に行く途中、トラックと正面衝突し、炎上。突然の別れだった。

 私は室内に入ると、3人で過ごした楽しかったひと時に思いを馳せた。と、キッチンのあたりに何かぼんやりとした影が感じられた。気が付くと私は車を走らせ、喫茶店へ飛び込んだ。食事を済ませ帰ろうとすると、店主が恐怖に顔を歪め、「あんたのそばに2人いるよ。1人は女の人……」。

 山荘に戻った私は、ふと古い週刊誌に目を留めた。あの事故の死亡者リストの中になぜか私が……。(「森の奥の家」)

 甘美な恐怖が心奥をくすぐる6つの幻想怪奇譚を収めた小説集。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る