「絶望図書館」頭木弘樹編

公開日:

 絶望して、当分、立ち直れそうにない時、命綱となってくれるような物語を編んだ作品集。

 土曜日、小学生のトシオが電話に出ると、父親が人と会ったので帰宅が遅くなると告げる。しかし、30分前に父親は帰宅していた。すると、玄関を開けてまた一人、父親が帰ってくる。朝帰りした父親を含め3人は自分が本当の父親だとケンカを始める。学校に行くと、同級生の家でも父親が増え、中には10人になってしまった家があるという……。

「人に受け入れてもらえない絶望」におすすめのこの児童書「おとうさんがいっぱい」(三田村信行著)をはじめ、「ずっと誰も助けてくれないという絶望」に効く「漁師と魔神との物語」(千夜一夜物語から)など12作を収録。

 (筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る