「ノーマンズランド」誉田哲也著

公開日: 更新日:

 主人公は、親しくなった人が次々と亡くなることから「捜査一課の死神」という異名をつけられている姫川玲子。7カ月前の「祖師谷二丁目母子三人強盗殺人事件」の捜査中に殉職した前統括主任・林のことがいまだ頭から離れず、立ち直れないでいた。そんな彼女のもとに、葛飾署管内で起こった女子大生殺しの捜査が舞い込んだ。しかし、容疑者として浮かび上がってきた男は、別の殺人事件の容疑者として本所署に留置中。何やらこの事件には、一筋縄ではいかない大きな事情が隠されているようだが……。

 本書は、テレビドラマ化されて累計で400万部を突破した人気の姫川玲子シリーズの最新作。今回は、姫川が追う事件と並行して、ある女子高生の失踪事件が女子高生と交際していた男性の目を通して語られる。読み進めるにつれて、ふたつの事件の接点が明らかになり、昨今の国際事情ぬきには語れない思いがけない結末へと収束していく。人の死に何度も直面しつつ何とかそのトラウマを克服しようとする主人公と、いなくなった女子高生を命をかけて捜し続ける男性の心模様がなんとも切ない。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る