「意識のリボン」綿矢りさ著

公開日: 更新日:

「インストール」で第38回文芸賞を受賞してデビューして以降、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を、「かわいそうだね?」で第6回大江健三郎賞を受賞した著者による最新短編集。生活の中で女性が経験する普段言葉にしないささやかな気持ちを、小説という器に注ぎ込んだような短編小説が並ぶ。

 女性同士のおしゃべりの中にある力関係の不思議さが描かれた「岩盤浴にて」、書くたびに登場人物と自分を同一視されることに困惑する女流作家が主人公の「こたつのUFO」、通り魔出没のうわさに娘の身を案じる母親を描いた「声の無い誰か」など計8編を収録する。

 表題作は、母親を早くに亡くした主人公が交通事故に遭い、臨死体験する物語。事故に遭うまでの日常から、思いがけない事故に遭って自分の体から意識が離れていく過程、さらに意識だけになった自分が何を見て何を感じたかという、意識の旅を丁寧に追いかけながら描写している。

(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る