「意識のリボン」綿矢りさ著

公開日:

「インストール」で第38回文芸賞を受賞してデビューして以降、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を、「かわいそうだね?」で第6回大江健三郎賞を受賞した著者による最新短編集。生活の中で女性が経験する普段言葉にしないささやかな気持ちを、小説という器に注ぎ込んだような短編小説が並ぶ。

 女性同士のおしゃべりの中にある力関係の不思議さが描かれた「岩盤浴にて」、書くたびに登場人物と自分を同一視されることに困惑する女流作家が主人公の「こたつのUFO」、通り魔出没のうわさに娘の身を案じる母親を描いた「声の無い誰か」など計8編を収録する。

 表題作は、母親を早くに亡くした主人公が交通事故に遭い、臨死体験する物語。事故に遭うまでの日常から、思いがけない事故に遭って自分の体から意識が離れていく過程、さらに意識だけになった自分が何を見て何を感じたかという、意識の旅を丁寧に追いかけながら描写している。

(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る