「社会保障クライシス」山田謙次著

公開日: 更新日:

 2025年、75歳以上の高齢者は2200万人に達し、総人口の約18%を占める。これは団塊の世代800万人が後期高齢者となり、医療と介護に膨大な費用がかかることを意味する。しかも、それを支える40~50代は就職氷河期世代で、自らの生活基盤さえ不安を抱える者が少なくない。

 本書は、団塊世代の高齢化と就職氷河期世代の生活不安のダブルパンチで、2025年には日本の社会保障が危機的状況に陥ることを示した警告の書だ。その年、社会保障費は41兆円となり、現在より9兆円上乗せして国債を発行しなければ回せない状況となる。しかし年金だけでは暮らせない高齢者が増加するため、貯蓄が減少して金利が上昇。こうなると従来の国債発行が不可能になるというのだ。

 著者は危機回避のため、所得税の確実な捕捉や相続税の強化、医療供給体制の縮小、外国人による介護サービス、持ち家売却による介護費用の捻出などを受容する必要があることを指摘している。

(東洋経済新報社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る

人気キーワード