「THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略」テイラー・ピアソン著、児島修訳

公開日:  更新日:

 リーマン・ショックから9年経ったが、雇用が海外に流出しているうえに、人間の労働が機械に置き換えられていることから、アメリカでは希望の職につくことを諦めた人が多い。他の誰かがつくったシステムどおりに働く「仕事(ジョブ)」の時代は終わった。餌を与えられて安全で清潔な環境で生きていても、感謝祭には食べられてしまう七面鳥の生き方から脱する必要がある。

 これからは、混沌とした状況で問題を把握し、解決できる「起業家精神」が必要になる。起業家に必要な人間関係とスキルを獲得するために著者が紹介するのが「段階的起業法」と「徒弟制度」である。

 生き残るための究極の働き方を提示する指南書。(TAC出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る