「THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略」テイラー・ピアソン著、児島修訳

公開日:  更新日:

 リーマン・ショックから9年経ったが、雇用が海外に流出しているうえに、人間の労働が機械に置き換えられていることから、アメリカでは希望の職につくことを諦めた人が多い。他の誰かがつくったシステムどおりに働く「仕事(ジョブ)」の時代は終わった。餌を与えられて安全で清潔な環境で生きていても、感謝祭には食べられてしまう七面鳥の生き方から脱する必要がある。

 これからは、混沌とした状況で問題を把握し、解決できる「起業家精神」が必要になる。起業家に必要な人間関係とスキルを獲得するために著者が紹介するのが「段階的起業法」と「徒弟制度」である。

 生き残るための究極の働き方を提示する指南書。(TAC出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る