「THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略」テイラー・ピアソン著、児島修訳

公開日: 更新日:

 リーマン・ショックから9年経ったが、雇用が海外に流出しているうえに、人間の労働が機械に置き換えられていることから、アメリカでは希望の職につくことを諦めた人が多い。他の誰かがつくったシステムどおりに働く「仕事(ジョブ)」の時代は終わった。餌を与えられて安全で清潔な環境で生きていても、感謝祭には食べられてしまう七面鳥の生き方から脱する必要がある。

 これからは、混沌とした状況で問題を把握し、解決できる「起業家精神」が必要になる。起業家に必要な人間関係とスキルを獲得するために著者が紹介するのが「段階的起業法」と「徒弟制度」である。

 生き残るための究極の働き方を提示する指南書。(TAC出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る